ArchLinux Install EFI + GPT

ArchLinux Category

前置き

先日USBにArchLinuxを入れました。
以前書いた記事は、BIOSブートを想定したものだったので、今回はEFI+GPT環境でのインストール手順です。
dotfilesの適用とSLiM + Awesomeの環境を作るところまでやります。

作業前の設定

$ loadkeys jp106
$ wifi-menu

パーティション

パーティションはcfdiskで切ることにする。
視覚的に出来てわかりやすいのでおすすめです。
今回は、/dev/sdaにArchLinuxを導入するものとします。

$ cfdisk /dev/sda
パーティション タイプ 容量
/dev/sda1 EFI System 512M
/dev/sda2 Linux Swap 1G
/dev/sda3 Linux System 残りの容量全て

フォーマット

$ mkfs.vfat -v -F32 /dev/sda1
$ mkfs.ext4  /dev/sda3
$ mkswap /dev/sda2
$ swapon /dev/sda2

これでパーティションの区切りはOK

ベースシステムのインストール

先ほど作ったパーティションをマウントして作業を行う。
新規でbootフォルダを作成し、そこにEFIシステムをマウントする

$ mount /dev/sda3 /mnt
$ mkdir /mnt/boot
$ mkdir /mnt/boot/efi
$ mount /dev/sda1 /mnt/boot/efi

ミラーサイトのURLを変更してインストールを開始する

$ nano /etc/pacman.d/mirrorlist
$ pacstrap -i /mnt base base-devel

システム設定

fstab作成

$ genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

chroot

$ arch-chroot /mnt

ロケール設定

locale.genの以下のコメントアウトを外します
en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8

vconsole.confに対しては以下を記述する
KEYMAP=jp106

$ nano /etc/locale.gen
$ locale-gen
$ echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
$ export LANG=en_US.UTF-8
$ nano /etc/vconsole.conf

タイムゾーン・ハードウェアクロックの設定

$ ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
$ hwclock --systohc --utc

ホストネームの設定

ホストネームはお好みで入れる。
例としてArchLinuxとする

$ echo "ArchLinux" > /etc/hostname

rootのパスワード設定

$ passwd

Grubインストール

ここでの設定を間違えると厄介なので注意すること。
最初にマウントしたEFIシステム領域に対してGrubをインストールする
インストール後、/boot/grub/にgrub.cfgという設定ファイルを生成

$ pacman -S grub dosfstools efibootmgr
$ grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot/efi --bootloader-id=grub --recheck --debug
$ grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

これでブートローダーのインストール作業ができたので一度リブートする

$ exit
$ umount -R /mnt
$ reboot

ユーザー設定

ユーザーを新規作成する
ユーザー名はお好みでいれる。
archという名前で作り、パスワードを設定したものとする
vimとsudoのパッケージを一応落としておく
visudoをして以下のコメントアウトを外してください

Defaults env_keep += “HOME”
%wheel ALL=(ALL) ALL

$ useradd -m -g wheel arch
$ passwd arch
$ pacman -S sudo vim
$ visudo

dotfiles

dotfilesをGitから落としてくる
これで自分の環境に適用させる。
dotfilesに関しては以下の記事を参考に。

dotfilesの管理

ユーザーを切り替えてdotfilesを適用させる。
今回は以前書いた記事で使用したものを適用させることとする

$ pacman -S git
$ su arch
$ git clone <dotfilesのURL>
$ cd dotfiles
$ ./setup.sh
$ exit

SLiM + Awesome

Xの導入

Xをインストールして、自分の環境にあったドライバをインストールする

ドライバ一覧

$ pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit xorg-xclock xterm
$ lspci | grep VGA
$ ドライバのインストール

dotfilesで環境が整っている状態なのでパッケージを落としてくるだけ。

$ pacman -S slim archlinux-themes-slim slim-themes awesome

SLiM+Awesomeの環境を作りたかったら以下の記事を参考にしてください。

ArchLinuxにSLiM + Awesomeを導入する

全コマンド一覧

最近は説明を読むのが面倒になってきたのでコマンドだけまとめておく。

$ loadkeys jp106
$ wifi-menu
$ cfdisk /dev/sda
$ mkfs.vfat -v -F32 /dev/sda1
$ mkfs.ext4  /dev/sda3
$ mkswap /dev/sda2
$ swapon /dev/sda2
$ mount /dev/sda3 /mnt
$ mkdir /mnt/boot
$ mkdir /mnt/boot/efi
$ mount /dev/sda1 /mnt/boot/efi
$ nano /etc/pacman.d/mirrorlist //Japanのものを上にする
$ pacstrap -i /mnt base base-devel
$ genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
$ arch-chroot /mnt
$ nano /etc/locale.gen //en_US.UTF-8 UTF-8 , ja_JP.UTF-8 UTF-8のコメントアウトを外す
$ locale-gen
$ echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
$ export LANG=en_US.UTF-8
$ nano /etc/vconsole.conf //KEYMAP=jp106 記述
$ ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
$ hwclock --systohc --utc
$ echo "ArchLinux" > /etc/hostname
$ passwd
$ pacman -S grub dosfstools efibootmgr
$ grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot/efi --bootloader-id=grub --recheck --debug
$ grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
$ exit
$ umount -R /mnt
$ reboot
$ useradd -m -g wheel arch
$ passwd arch
$ pacman -S sudo vim
$ visudo //Defaults env_keep += "HOME" , %wheel ALL=(ALL) ALLのコメントアウトを外す
$ pacman -S git
$ su arch
$ git clone <dotfilesのURL>
$ cd dotfiles
$ ./setup.sh
$ exit
$ pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit xorg-xclock xterm
$ lspci | grep VGA
$ ドライバのインストール
$ pacman -S slim archlinux-themes-slim slim-themes awesome

以上

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0