ArchLinuxインストール時にiPhoneデザリングをする方法

ArchLinuxインストール時にiPhoneデザリングをする方法

ArchLinuxインストール時にiPhoneテザリングをしてネットワークに繋ぐ方法

ArchLinuxをインストールする際に困ったので備忘録として残しておく
MacBook Air 2015にArchを導入する際にwifi-menuが使えなくて困った
無線LANチップのドライバがデフォルトで入っていない
これはMacにドライバを導入する必要があるのだけれど、ドライバの購入2000円くらいかかる。
Archを導入する時は、基本的に有線で作業するべきなんだけど
有線も持ってなかったので無料のパッケージを落としてきてiPhoneのテザリングに対応させることにした

参考記事はこちら
Installing Arch Linux on a MacBook Air 2013

準備するもの

  • LiveUSB
  • パッケージを入れておくUSB

パッケージ

上記をダウンロードしUSBに入れておく

インストール作業ではマウントした後にiPhoneデザリングをできるようにする

$ mount /dev/sda1 /mnt
$ mkdir /mnt/boot
$ mount /dev/sda2 /mnt/boot

USBをマウントするためのフォルダを作成
その後、ファイルをインストールする

$ mkdir /mnt/usb
$ mount /dev/sdb1 /mnt/usb
$ pacman -U /mnt/usb/*.tar.xz
$ mkdir /mnt/iphone
$ idevicepair pair
$ ifuse /mnt/iphone
$ ip link

enp〜からはじまる接続があるのでdhcpcdに設定

$ dhcpcd enp〜

ネットワークの接続を確認

$ ping www.google.com

反応が返って来れば成功

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0