Ruby on Railsをインストール

ArchLinux Category

ArchLinuxにRuby On Railsを導入する
RubyのインストールからRailsのコマンドが打てるまで。

本家サイトを参考
Ruby On Rails
Ruby

Ruby

$ pacman -S ruby rubygems

RubyGems

Rubyのモジュール(Gem)のためのパッケージマネージャ(Rubyに含まれている)
フルパスを入力することなく gem を実行をするために環境を整える

$ nano ~/.bashrc

環境変数を定義

export PATH="$(ruby -e 'print Gem.user_dir')/bin:$PATH"

Bundler

Bundlerはアプリケーションが依存しているgemはどれか、そしてどのgem のバージョンを使用するのかなど、細かい部分まで指定できる。
アプリケーションに直接インストールすることも可能。
Railsを使った開発で使用する。

Bundlerはデフォルトでgemをシステム全体にインストールします。
回避するために~/.bashrcに環境変数を追加。

export GEM_HOME=$(ruby -e 'print Gem.user_dir')

インストール

$ gem install bundler

作業ディレクトリにて初期化

$ bundle init

bundle init によって作成された作業ディレクトリ内のGemfileを編集して必要なgemを記述していく

Gemfile編集後はinstallまたはupdateで更新をおこなう
以下のコマンドを打つことによってGemfileに指定してあるパッケージがインストールされる

$ bundle install
$ bundle update

Rails

Ruby on Railsのインストールをおこなう

$ gem install rails
$ rails new app

これで開発が行える環境が整った。
もしも、railsコマンドがないと言われた場合.bashrcに指定している環境変数を見直すこと。
僕自身、ここで時間を食った。

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0