最強にノリのいい邦楽5選!

最強にノリのいい邦楽5選!

ONE OK ROCK – The Beginning


映画 るろうに剣心の主題歌になりました。
ONE OK ROCKはメディアに出ることがまずないですが、実力で這い上がってきたバンドです。
TAKAの歌唱力には驚きを隠せないです。

BAND-MAID – REAL EXISTENCE


最近知ったバンドです。
このPVのボーカルさん美人だな〜って思いながら聴いてます。
歌詞はけっこう重いです(笑)
メンヘラの匂いがしますが、それがまたいい(笑)

dustbox – Break Through


自分の壁を壊して行けっていう歌詞に強く打たれて、何度も勇気をもらった覚えがあります。
曲自体は古いのですが、dustboxはいつ聴いても色褪せないかっこよさがあります。
これだけ英語をペラペラ言えたらかっこいだろうな〜って思います。

凛として時雨 - Who What Who What


映画、サイコパスの主題歌になりました。
この曲、Mステで公開するときは一部歌詞に変更があったそうです。
普段から聴き取りづらい曲なのであまりわからないのですけれどね。
Who What Who WhatはコーディングのBGMに使ってます

1.G.K – Dragon

僕の青春時代を共に過ごしてきた曲です。
多分、全アーティスト含め、この曲が一番好きな曲になりますね。
たくさん思い出の詰まった曲です。
この曲でダンスのショーケースをしたこともありましたし、この先の人生でもずっと聴いていくんだろうなって思っています。
1.G.K応援しています!

まとめ

最強にノリのいい洋楽5選!に続いて邦楽バージョンです。
邦楽で5曲ピックアップしようと思うとなかなか悩みました。
5曲じゃ収まりきりません(笑)
どのバンドも個性があってかっこいいです。
この5曲の中ならば1.G.KのDragonが一番思い入れがありますね。
いろんな思いが詰まった大切な曲です。
ぜひ聴いてみてください!

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0