石川県でのリゾバ終了

石川県でのリゾバ終了

こんばんわ。
石川県でのリゾバが終了しました。
石川県は一度来てみたかった場所だったのでここを選びました。

石川県と言えば?

やはり、石川県と言えば金沢ですね。
ゲストハウスBlue Huorは良かったです。
金沢駅から徒歩5分くらいの場所にあって、おしゃれでコーヒー飲みながら作業をしていました。
あとはスタバが異様に多かったです。スタバでもよくコーディングをしていました。

石川の思い出と言えば?

コーディングと勉強、リゾバで体調を崩したことですね(笑)
毎日寝ずに勉強やらWebアプリの構築やらをしていて、気がついたらぶっ倒れて病院送りになりました。(笑)
体調管理ができていない証拠ですね。
あとは、金沢のダンサーと一緒にダンスの練習をしたことや。
仕事仲間とよく一緒にお酒を飲んだことです。
本当に有意義な時間を過ごしました。
楽しかったです!!

あとは日本の良さに気づかせてくれる時間が多くありました。
こっちに来てからよく日本食を口にしていたのですが、日本人であってよかったと思えたこと。
初夏だったので蛍が見れたこと。
寮の前の田んぼで光ってるのが見えました。

そうやって日本の古き良き文化というのを見えた気がします。
これは僕自身にとって大きな価値があったと思っています。
日本を出る前に日本のいい部分を見れてよかったです。

リゾバは?

仕事内容自体は難しくなかったですね。
食事処だったので有馬の部屋出しよりも楽な仕事でした。
なので仕事でちょくちょく空いた時間があったのでその度に試験勉強をしてました(笑)

有馬に比べて部屋出しじゃない分、いろんな人間を見ることができました。
接客スキルもここに来てかなり磨かれた気がします。
やっぱりコミュニケーション能力ってのはどの仕事でも必要だと思っています。
ロジカルに話すことはあまりなかったですが、報連相のときにクローズドクエスチョンの意識はしていました。

あとは客層が比較的ご年配。
世話をするのが大変でしたね。典型的な人が来た時なんかはいろいろと文句をつけられて大変でした。

ここでもいろんな人との交流が持ててすごくいい思い出になった気がしています。

まとめ

今回はリゾバスタッフが少なそうな場所を選んでいたので、楽しむ!というよりも自分の時間を大切にするっていう意識で生活をしていたので、自分のやりたいことに時間を割けることができました。
やることもやったので夏は全力で楽しみます!
もう遊ぶ気満々です(笑)
今年の夏はダンスもするぞー!
次はまた関西に戻ります!!

以上、石川県のリゾバでした。

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0