日本から逃げて5年経つけど質問ある?

日本から逃げて5年経つけど質問ある?

日本から逃げて5年経つけど質問ある?

まとめサイトを読んで思ったことを書く。
コメント欄を読んでてかなり異常なものを感じた。
今回はこの記事の考察です。

歪んだ愛国心

結局のところ他の人がコメントしているように、国の悪い部分を指摘されたら怒るようじゃいつまでたっても国は改善されない。
その通りだと思う。
愛国心というよりも歪んだ愛国心に思える。

出る杭は打たれる、同調意識のネット版を見ているような気分になった
あまりいい気分になれるコメント欄ではなかった。
まぁ批判しているのがほとんどがアンチ海外やネトウヨなわけだからあんまり気にしなくてもいい内容なんだけれどもね。
今は海外に気軽に行ける時代なんだし、一回きりの人生なんだからそいつがやりたいようにやればいいじゃん。叩く理由がわからない。
それでも日本がいいって言うなら日本にいればいい。嫌なら海外に出ればいい。

行動力の大切さ

僕自身はこの1はすごいと思う。
それに人生逃げるという選択肢も別に悪いとは思わない。
逃げるって別の言い方をすれば自分にあった場所を探して移動するってことだし。
就活失敗した〜とかヘタレ〜だとか責めている人もいったいなんなんだろうか?
そんなんだから、行き場をなくす人がいっぱいいるんだと思う。
それにこの1は海外で就職に挑戦しているわけだから、へたれではないだろうし、海外就職の方がよっぽど勇気がいるんじゃないだろうか?

この1は自分にあった場所を見つけることができたんだと思う。
1の行動力をきちんと評価すべきだと思うんだよね。
ちゃんと仕事もあって結婚もする。
立派なことだし、短い労働時間で生活が回るなら家族とも過ごす時間があるってことじゃん。
それってすごく素敵なことだと思うんだよな。

なんにせよ行動力は大切だと思わされた。
僕もこういう行動力のある人を応援したいと思う。
大切なのは自分で未来を切り開いていくだけの勇気があるかないか。

選択肢なんて人それぞれ

今は容易に海外に行ける時代です。
自分が行きたいと思った国に行って、自分の送りたい生活スタイルにあった国を選択すればいいのではないかと思います。
もちろん、そのための努力は必ず必要ですが。

外国語と個人で飯を食っていくための技術を身につける。
これが今後生きていくために必要なスキルなのではないでしょうか?

それに「子供の貧困をなくしたい」と訴えた高校生がバッシングを受ける国です、間違いなく明るい未来はないです。
こんだけ若者の話を聞かない日本社会です。
20代のうちに日本を捨てて出て行ってもいいんじゃないかな?って思ってます。
というよりか、年金と少子高齢化この2つを見るだけで自分の老後を考えるとやばいとしか言いようがないです。
日本で生まれたからといって必ず日本が自分に合うとは限らないですから。
自分に合った国を探してみてもいいんじゃないでしょうか?

海外に出てみて、日本のいい部分にも気付くことができるかもしれない。
そうなれば帰って日本のために頑張ろうと思える。
それはそれでいいことだと思うんです。

世界は面白い

世界は自分の知らないことでいっぱいです。
小さな島国ですべてを知った気になってはいけない。
世界は自分が思うよりももっと楽しい。
「外人だ」なんて偏見を持たずにもっともっといろんな人と交流を持ってみると世界は変わります。
僕自身も元々はレイシストよりでした。
韓国人や中国人って聞くと、嫌なイメージしかありませんでした。
ですが、いざ中国人も話してみると面白い人もいることを知りましたね。
はじめて僕が海外に行ったのはNYにダンスをしに行った時でした。
当時僕は英語が全然話せなかったですが、片言の英語やダンスで交流が持てた時は本当にうれしかったです。
言葉の壁を乗り越えて人と分かり合えるって本当に素晴らしいですよ。

まとめ

まとまりのない記事になってしまいました。
結局のところ僕が伝えたいのは、行動力の大切さや個人の選択は自由。
もっと視野を広げていくことです。
実際、2chの記事に書いているように、こういう生き方をしている人間っていうのはいます。
僕自身も目指すべき通過点なのできちんと通れるよう努力していこうと思います。

こんな記事を書くとお前みたいな青二才が海外でやっていけると思うなよ?
みたいなことを言って叩かれそうですが。
反論するならば、そんなもんやってみないとわからないだろ?

それでは今日はここまで。

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0