【粟津温泉】恋愛パワースポット巡り

【粟津温泉】恋愛パワースポット巡り

普段とは違った記事を書いてみたくなったので書きます。

僕自身、石川県に来たのはあくまで金沢に来たかったから、実際就労先に何が有名かなんてのは知りませんでした。
旅館の隣に恋人の聖地!みたいな看板があって、「恋愛の聖地なんだ。へ〜w」ぐらいにしか思っていませんでした。

就労するのも残り2週間に差し迫ったとき、休日の時間が空いたときに粟津は一体何が有名なのかを調べました。

そしたら、恋愛のパワースポットたくさんあるんですよ!(笑)
せっかくの石川県だし観光しとこう…そして何よりも…

俺だって恋愛したいよ!

欲望に駆られて温泉街を散策することにしました!
僕自身、粟津に来てから旅館、コンビニ、粟津駅、小松ドームくらいしか行ったことのなかったですw

ということで僕が石川県粟津温泉を観光したのでそのレポートとしてまとめます。

経路

金沢から粟津温泉街まではおおよそ、1時間かからないくらいの時間でいけますね。
JR金沢から福井行きの電車に乗れば粟津駅まで580円でいけます。
そこから市バスを利用して温泉街まで行けます。300円程度。
ただ、この市バス、1時間に2本程度なので時間をあらかじめ調べておく必要があります。
粟津駅から温泉街までは歩いていくことも可能ですが歩くと40分程かかります。

今回僕は6月中旬、丁度お客さんが来なかった休館日に散策しました。
平日の昼間は観光客もいなかったので気ままに散策できましたね。

もしのんびりと観光したいのであれば、旅館が閑散期になる6月や10月、11月等がおすすめですね。
やはりゴールデンウィークや夏、年末のシーズンは人が多いです。

おっしょべ物語

まずはじめに、粟津はおっしょべ物語が有名です。
 粟津温泉郷の宿屋に奉公していたお末が、向かいの宿屋の奉公人・竹松に惚れ、想いを募らせるあまり、ある日の晩、その竹松の居る部屋を目指して松の木を上っていったものの、足を滑らせ地面に腰を強打してしまった。
その話はあっという間に町に広まり、竹松の耳にも届いた。感銘を受けた竹松はお末を籠に乗せて自分の故郷へ連れて帰り、二人はめでたく結ばれたという物語です。

女性の方が積極的なんですよね。
ここ、粟津温泉はこのめでたく結ばれたことで恋愛成就のご利益があるとされています。
なので復縁にも有効です。

結びの足湯

ここをスタート地点とします。
「結びの足湯」、別名は「美人の湯」です。
俺も美人になれるかなw
地図には瞑想の湯とも書いてありました。
瞑想の湯

瞑想の湯説明

恋人、友人、家族、などの学業、スポーツ、仕事などの努力が結ばれるように願いを込めながら入るとよいとのこと。

よし。俺も女のことを考えよう!と足湯に浸かりました。
硫黄でしょうか温泉の匂いがしました。
足湯の温度はわりと熱かったです。冬に来たらよいかもしれませんね。

タオルは一枚200円で販売しています。
持参することをおすすめしますね。

足湯に浸かったところで次は粟津おっしょべ公園へ

粟津おっしょべ公園

おっしょべ公園
粟津のおっしょべ公園です。
わりと広々とした場所です。
おっしょべ公園に行くまでの経路はなかなかわかりづらいと思いました。
不動明王
まず、第一パワースポット
愛染明王様と不空羂索観音様とおっしょべ滝。
お末と竹松がデートしたところらしいです。
愛染明王は恋愛の明王で、人間の色欲を叶えてくれます。
ハートの矢を持っていてキューピットの役割をしてくれそうです。
幸せの鐘

続いて歩いてすぐの場所にある幸せの鐘。
看板

道中、こんなのがありましたが気にしない。というよりもセンスが少しズレている気がします。

立て札

ファンシーに書いてあるから一発でわかりますね。というよりも推しすぎでしょ。
男独り身でこんなところに来たけど一応鳴らしました。
人がいなかったからよかったものの、音も結構大きくなるので一人で金を鳴らすのは恥ずかしいです。

祈りの小径

祈りの小径

さて、ここからが本番ですね。
祈りの小径を歩いてきました。
迷いごとや悩み事を取り払ってくれるそうです。
また願い事や縁結び等の効果もあるらしいです。
緑に囲まれてすごく気持ちのいい場所でした。
ヒールなんかで行くのはすこし厳しいのでスニーカーで行きましょう。
道中に何体も石像が並んでいます。

頂上

そして頂上。
頂上からは粟津や小松を見渡すことができます。
白いのは小松ドームです。
エグザイルも小松ドームに練習しにくるみたいで、丁度僕がいる間にも練習しに来ていたようです。
僕も小松ドームのフロアにはお世話になりました。
鐘
せっかくなので金を3回ほど鳴らしておきました。

そして奉澄大師像。
奉澄大師像
粟津を見渡しています。ここを守り続けてきたんだなぁとしみじみ思いました。
奉澄大師は白山開山の祖です。
粟津温泉は奉澄大師によって発見されました。
一応手を合わせて下山。

帰り道は白山神社に出るように帰りました。
白山神社でも賽銭を投げて、手を合わせて帰りました。

そして再び結びの湯へ

だから看板のセンスがズレてry…
ずれてる看板

おまけ

謎の看板
プレイランド…わかる
コインランドリー…わかる
たーちゃん…ファッ!?

結局このたーちゃんがわからぬままコンビニでアイスを買って帰宅しました。

粟津のおすすめは「さくら」という居酒屋です。
ここのたこ焼きは絶品です。
お姉さんも優しい人でお世話になりました。
ここら辺の仲居さんも利用するのでいろんな人と交流の持てる場所です。
粟津に来たら是非、足を運んでみてください。

まとめ

粟津も楽しい時間をいろいろと過ごさせてもらいました。
粟津も魅力的な温泉街です。
法師は日本最古の旅館らしく観光にくる人も多いです。
粟津の温泉街はいろいろと揃っている場所だったので、生活に困ることもなかったですね。
居酒屋、スーパー、コンビニ、スナック等。
娯楽施設はないものののんびりと過ごすにはよい場所です。

以上。
粟津温泉街のレポートでした。

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0