【2017】僕のノマドツール

【2017】僕のノマドツール

僕自身、個人事業主+リゾバで生活をするようになり、場所に囚われずに仕事をするようになった。
カフェや移動中の電車の中などちょっとした場所で仕事する機会が増えたので、自然とノマドワーカーになっていた。
そこで今回、僕自身が使っているノマドツールを紹介したいと思う。

iPhone 6 64G

言うまでもないスマホは必須のアイテム。
テザリングすればネット環境を作ることができるし、連絡を取るのにも使う。
iCloudと同期してちょっとしたメモを取るのにも使う。
音楽を聴くのが好きなのでiPhoneに3000曲くらい入れて持ち歩いている。
作業用BGMにも使用するし移動中に聴くのに使用している。
使い方は何万通りとある。万能ツール。

MacBookAir 11インチ

去年の11月に購入。それまでは13インチを使用していたのだけれど、11インチに買い換えた。
移動することが増えることを想定した上でこのサイズに変更。
去年の11月に新しいMacBookProが出たのでその値下がりしたタイミングを狙って購入。
Archをブートして使用。
Webデザインやシステム開発をするときに使用している。
11インチでもディスプレイに繋げばデスクトップと同じように使用できるので僕はノートが最強のPCだと思っている。
今じゃ上を求めない限りノートでも十分なスペックがあるし、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれる。
僕がMacBookAirを選択したのはデザイン性と軽量性に魅力を感じたため。
ノマドワーカーとして荷物は少なくしておくのがマスト。

Kindle Fire HD 2013

おそらくノマドするのに最強のツール。
僕自身Amazonプライム会員のため、限られているが毎月一冊無料で本が読めて、プライム会員限定のものであれば音楽も映画もダウンロードし放題。

そのため音楽や映画をタブレットにダウンロードしておき、出先や移動中なんかに見たりしている。
また僕はBookScanというサービスを使用して自分が読んだ本を電子書籍化して常に本を持ち歩いている。
現在、Kindleには200冊くらいの本が入っている。
英語の参考書やWebの参考書もKindleに入れて勉強に使用している。
他にもタブレットの良いところはブログ記事を書くのにも使える。
スマホで作業するよりもタブレットだと打ちやすいし見やすいという利点がある。
ちょっとした時間を使って、タブレットで記事を書いている
カフェなんかで作業したいときは、PCを広げなくてもタブレットで済ませていることもある。
PCよりも軽いし持ち運びに便利だ。

Live USB

USBにLinuxをブートして持ち歩いている。
これは自分のPC環境を持ち歩くのに使っている。
ネカフェに行ったときなんかは使用できないところもあるけれど、ブートさせたUSBを挿して自分の環境でPCを使っている。

まとめ

僕自身ノマドのやり方についてはまた詳しい記事を書いてみたいと思う。
今回は僕が現在使用しているノマドツールにフォーカスして記事を書いた。
これだけITが発展してる時代だ、今後も時代に沿ってツールも変わってくる。
その度に使うツールやノマドの仕方なんかも変わってくるだろう。
またイノベーションがあれば記事にできたらいいなって思う。

僕自身はノマドをすることをおすすめしている。
スタバでMac広げてドヤ顏するのはネット界隈だとよく叩かれるけれど、PCじゃなくてもタブレットでもできる作業はあるしやり方次第だと思う。
それに仕事をしているのだから、別に人の目なんか気にしても仕方がない。
自分の仕事に自信を持ってやればいいと思う。
僕もスタバでやるプログラミングとデザインの作業は好きだ。

それと僕がノマドをおすすめする理由がもう一つある。
これは個人的なものだけれど慣れた環境で仕事をするよりも集中できる。
外に出て気分転換をしながらする仕事はクリエイティブになれる。
ふとしたひらめきや思いつきなどがバンバン出てくるし、今日は仕事したくないなぁ〜って思う日でも、いざ外に出てPCを広げれば自然と集中できてしまう。
集中力アップとクリエイティブになれるメリットがあるのであればやるしかないんじゃないかな?

この記事を読んで外に飛び出したくなったら迷わず外に出てクリエイティブになろう!

SNSでシェア

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0